海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

「 月別アーカイブ:2019年05月 」 一覧

ECN口座とSTP口座

ECN口座|「忙しくて昼間の時間帯にチャートに目を通すなんて難しい」…。

2019/5/10  

「売り買い」に関しましては、完全に機械的に完了するシステムトレードではありますが、システムの微調整や見直しは普段から行なうことが重要で、その為には相場観を修養することが必要です。MT4にて稼働する自動トレードソフト(EA)の考案者はいろんな国に存在していて、現実の運用状況だったりユーザーの評判などを視野に入れて、より機能性豊かな自動売買ソフトを開発しようと頑張っています。FXを始める前に、一先ずFX口座開設をしてしまおうと思っても、「どんな順番で進めれば開設が可能なのか?」、「何を基準に業者を選定したら良いのか?」などと当惑する人は珍しくありません。スイングトレードの特長は、「常にPCの取引画面から離れることなく、為替レートをチェックする必要がない」という点であり、自由になる時間が少ない人に適しているトレード方法だと考えています。FX取引を行なう際に出てくるスワップと言われるものは、外貨預金においての「金利」だと考えていいでしょう。ただし完全に違う部分があり、この「金利」に関しましては「貰うばかりではなく支払うことが必要な時もある」のです。 テク ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|システムトレードと称されるものは…。

2019/5/10  

スイングトレードをすることにすれば、いくら短期でも数日間、長いケースでは何カ月にもなるというような投資方法になるわけですから、いつも発信されているニュースなどを視聴しながら、その後の世界の景気状況を推測し投資することができます。システムトレードと称されるものは、海外FX取引などにおける自動売買取引のことで、初めにルールを設定しておき、それに則って自動的に「売りと買い」を完了するという取引なのです。利益を獲得するためには、為替レートが注文した時点のものよりも良い方向に動くまで待つ他ありません。この状態を「ポジションを保有する」と言い表わします。スイングトレードで収益をあげるためには相応の進め方があるわけですが、それにつきましてもスイングトレードの基本を理解した上での話なのです。とにかくスイングトレードの基本を身に付けることが大切です。一例として1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益になるわけですが、10倍でしたら10万円の損益になるというわけです。要するに「レバレッジを欲張るほどリスクも大きくなる」ということです。 今日この頃 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|デモトレードを活用するのは…。

2019/5/9  

日本と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXを行なう時に手にできるスワップ金利になります。この頃は、どんな海外FX会社も売買手数料は0円となっていますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが現実の海外FX会社の儲けになるのです。トレードに関しましては、一切合財自動で完了するシステムトレードではありますが、システムの手直しは一定サイクルで行なうことが肝要で、その為には相場観を修得することが求められます。スキャルピングに関しましては、瞬間的な値動きを何度も利用することになりますから、値動きがはっきりしていることと、取引の回数が多くなるので、取引を展開する際の必要経費が少ない通貨ペアを対象にすることが肝心だと思います。海外FXSTP口座開設の申し込みを終了し、審査を通過したら「ログイン用のIDとPW」が郵便を使って送り届けられるというのが一般的ですが、何社かの海外FX会社は電話を使って「必要事項確認」を行なっています。 デモトレードを活 ...

ECN口座とSTP口座

XMスキャルピング|海外FX用語の1つでもあるポジションとは…。

2019/5/9  

海外FX取引は、「ポジションを建てる&ポジションを決済する」の繰り返しだと言うことができます。それほどハードルが高くはないように感じられるでしょうが、ポジションを建てるタイミングであるとか決済をするタイミングは、とても難しいはずです。トレードの一手法として、「上下いずれかの方向に値が変動する短い時間の間に、大きな額でなくてもいいから利益を堅実に手にしよう」というのが海外FXスキャルピングです。海外FXをやりたいと言うなら、最優先にやってほしいのが、海外FX会社を海外FXブログで比較してご自身に合致する海外FX会社を見つけることです。海外FXブログで比較する時のチェック項目が8項目あるので、1個1個解説させていただきます。海外FXスキャルピングは、短時間の値動きを何度も利用することになりますから、値動きが顕著であることと、「買い・売り」の回数が非常に多くなりますので、取引に掛かるコストが小さい通貨ペアを対象にすることが大切だと言えます。レバレッジがあるために、証拠金が少額でもその25倍もの売買に挑戦することができ、大きな収益も期待できますが、それに ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|我が国と比較して…。

2019/5/9  

同じ国の通貨であったとしましても、FX会社毎に付与してもらえるスワップポイントは違ってくるのです。インターネットなどで事前に確認して、できるだけ高いポイントを付与してくれる会社をセレクトしてください。デモトレードを実施するのは、ほぼFXビギナーだと想定されますが、FXのプロと言われる人もしばしばデモトレードを行なうことがあります。例えば新しく考案した手法の検証をするケースなどです。トレードをやったことがない人にとっては、かなり無理があると考えられるテクニカル分析なのですが、チャートのポイントとなるパターンさえ頭に入れてしまえば、値動きの類推が非常に容易になること請け合いです。FXをやってみたいと言うなら、取り敢えず行なってほしいのが、FX会社を比較して自分にフィットするFX会社をピックアップすることだと考えます。比較の為のチェック項目が10項目程度ありますので、ひとつひとつ解説いたします。MT4というものは、プレステであったりファミコンなどの機器と同じで、本体にプログラムされたソフトを差し込むことで、初めてFX取引をスタートさせることができるよう ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|「XM会社毎に提供するサービスの内容を探る時間が確保できない」という方も多々あると思います…。

2019/5/8  

XMをやる上での個人に許されたレバレッジ倍率は、従来までは最高が50倍だったことからすると、「ここ数年の最高25倍は低く見えてしまう」と言われる人がいるのも当たり前と言えば当たり前ですが、25倍だと言っても満足できる収益はあげられます。XMSTP方式口座開設そのものは無料としている業者が多いですから、そこそこ時間は要しますが、2つ以上開設し実際にトレードしてみて、個人個人に適したXM業者を選定しましょう。売買する際の金額に一定の差を設けるスプレッドは、FX会社の他に銀行においても別の呼び名で取り入れています。しかも驚くかと思いますが、その手数料がなんとXM会社の190~200倍というところが稀ではありません。スイングトレードをすることにすれば、いくら短期だとしても3~4日、長期の時は数ヶ月という投資方法になり得ますから、連日放送されているニュースなどを見ながら、その先の世界情勢を想定し投資することができるわけです。スワップというものは、XM取引を実施する際の2つの通貨の金利の差異から手にすることができる利益のことを言います。金額にしたら決して大き ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|FX会社を比較するという場面で注目してほしいのは…。

2019/5/8  

原則的に、本番のトレード環境とデモトレード環境を対比させますと、本番トレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピップス前後儲けが減少する」と考えた方が賢明です。為替の動きを類推する時に必ず実施されるのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートからそれから先の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方だと考えます。システムトレードに関しては、人の気分であったり判断をオミットすることを狙ったFX手法だと言われますが、そのルールを企図するのは利用する本人ですから、そのルールが半永久的に利益をもたらすわけではないので注意しましょう。スプレッドというのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社にとっては利益となる売買手数料みたいなものですが、各社それぞれが独自にスプレッド幅を設定しています。証拠金を入金してある通貨を買い、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。反対に、維持している通貨を売却して手放すことを「ポジションの解消」というふうに言います。 トレードを始めたばかりの人であった ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|「デモトレードを行なって利益をあげられた」としても…。

2019/5/7  

テクニカル分析と称されているのは、相場の変遷をチャート型式で示して、更にはそのチャートを前提に、近い将来の値動きを予測するという方法です。これは、売買のタイミングを知る際に有効なわけです。売り買いする時の金額に一定差をつけるスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても別名で取り入れられているのです。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料というのがXM会社のおよそ200倍というところが稀ではありません。XMECN方式口座開設費用はタダになっている業者が多いですから、当然時間は取られますが、3つ以上の業者で開設し現実に売買しながら、ご自分にピッタリくるXM業者を決めてほしいですね。XM会社を調査すると、それぞれに特色があり、強みがあったり弱点があったりするのが当たり前ですので、始めたばかりの人は、「どのXM業者でXMECN方式口座開設するのがベストなのか?」などと頭を悩ませるのではないでしょうか?XM取引に関連するスワップと称されているものは、外貨預金でも与えられる「金利」に近いものです。とは言うものの全然違う点があり、この「金利」と申しま ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|デモトレードとは…。

2019/5/7  

スワップというのは、FX取引を行なう際の二種類の通貨の金利の差異により手にできる利益のことを言います。金額にすれば小さなものですが、毎日1回貰うことができますので、決して悪くはない利益だと言えるのではないでしょうか?デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売買の間隔を幾分長くしたもので、実際には数時間から24時間以内に決済してしまうトレードだと解釈されています。仮に1円の変動だったとしても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益なのですが、10倍でしたら10万円の損益になります。詰まるところ「レバレッジが高い倍率になればなるほどリスクも大きくなってしまう」わけです。FX取引の中で耳にすることになるスワップと言われているものは、外貨預金の「金利」だと考えてください。ただし完全に違う部分があり、この「金利」に関しましては「貰うこともあれば取られることもあり得る」のです。今では幾つものFX会社があり、それぞれの会社がユニークなサービスを実施しています。そうしたサービスでFX会社を比較して、ご自分にフィットするFX会社を見つけ出すことが非常に重要です ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|儲けを出す為には…。

2019/5/6  

実際的には、本番トレード環境とデモトレードの環境を比べてみますと、本番のトレード環境の方が「トレード毎に1ピップス前後収益が少なくなる」と想定した方が間違いないでしょう。テクニカル分析というのは、相場の動きをチャートで表わし、更にはそのチャートを基に、今後の為替の動きを予測するという分析法です。このテクニカル分析は、取引する好機を探る際に行ないます。FXをやるために、一先ずFX口座開設をやってしまおうと考えているのだけど、「どんな順番で進めれば開設することができるのか?」、「何に重点を置いて会社を選択したらいいのか?」などと戸惑う人は相当いらっしゃいます。FX取引完全初心者の方からすれば、困難であろうと思えるテクニカル分析なのですが、チャートのいくつかのパターンさえ頭に叩き込んでしまえば、値動きの判断が決定的に容易くなると明言します。儲けを出す為には、為替レートが注文を入れた時点でのものよりも有利な方に変動するまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを保有する」と言っています。 FX取引のやり方も諸々ありますが、一番行なわれてい ...

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.