海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

「 月別アーカイブ:2019年02月 」 一覧

ECN口座とSTP口座

ECN口座|スイングトレードと言われているのは…。

2019/2/19  

「忙しくて昼間の時間帯にチャートに目を通すなんてできない」、「為替にも響く経済指標などを速やかに確認することができない」と思われている方でも、スイングトレードであればそんな心配は要りません。チャートの形を分析して、買うタイミングと売るタイミングの決断をすることをテクニカル分析と呼ぶのですが、このテクニカル分析さえできるようになれば、売買時期も理解できるようになること請け合いです。FX会社を調査すると、それぞれに特徴があり、強みがあったり弱点があったりするのが普通なので、新規の人は、「どういったFX業者でFX口座開設をするのがベストの選択なのか?」などと頭を悩ますと思われます。スキャルピングの実 ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|デイトレードの良いところと言いますと…。

2019/2/18  

レバレッジがあるので、証拠金が低額でも最高で25倍という売り買いを行なうことができ、たくさんの利益も期待することができますが、反対にリスクも高くなるのが常ですから、絶対に無理することなくレバレッジ設定することが大切になります。デイトレードとは、完全に24時間ポジションを保つというトレードを指すわけではなく、実際的にはニューヨーク市場の取引終了前に決済を終えてしまうというトレードのことを指しています。システムトレードにおきましては、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが来た時に、システムが必ず「売り・買い」をしてくれます。そうは言いましても、自動売買プログラムそのものは利用 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|XMトレーディングのトレードは…。

2019/2/18  

XMトレーディング取引で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金にもある「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。とは言っても完全に違う部分があり、この「金利」につきましては「貰うばかりではなく払うことが要される時もある」のです。スプレッドについては、XMトレーディング会社それぞれ大きく異なり、XMトレーディング売買で収入を手にするためには、スプレッド差が僅かである方が有利ですので、その点を押さえてXMトレーディング会社を1つに絞ることが大事になってきます。売買につきましては、100パーセント面倒なことなく進展するシステムトレードではありますが、システムの適正化は恒常的に行なう必要があり ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|FXで大きく稼ぎたいと言うなら…。

2019/2/17  

証拠金を納めて特定の通貨を買い、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」というふうに言います。それとは逆パターンで、所有し続けている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言っています。FXで使われるポジションとは、保証金とも言える証拠金を入金して、スイスフラン/円などの通貨ペアを売り買いすることを指すのです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。デイトレードを行なう際には、通貨ペアのチョイスも非常に重要な課題です。原則として、大きく値が動く通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは無理だと考えるべきです。スイングト ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|スワップポイントと言いますのは…。

2019/2/16  

大半の海外FX会社が仮想通貨を利用してもデモトレード(仮想トレード)環境を整えています。全くお金を投資せずにトレード体験(デモトレード)ができるわけですから、積極的に体験してみるといいでしょう。海外FXを行なう際の個人専用のレバレッジ倍率は、以前までは最高が50倍だったことを思いますと、「今の規定上の最高25倍はそれほど高くはない」と口にされる人に会うのも理解できますが、25倍でも満足できる収益はあげられます。テクニカル分析と呼ばれるのは、為替の時系列的な値動きをチャートで示し、更にはそのチャートを基に、今後の為替の動きを予測するという分析法になります。これは、売買すべき時期を把握する際に行な ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|スキャルピングの実施方法は百人百様ですが…。

2019/2/16  

スキャルピングの実施方法は百人百様ですが、どれもこれもファンダメンタルズにつきましては排除して、テクニカル指標だけを活用しています。海外FXECN口座開設の申し込みを終了し、審査にパスすれば「ログインIDとパスワード」が郵送にて送られてくるというのが通例だと言えますが、海外FX会社の何社かはTELで「リスク確認」を行なっているようです。海外FX会社それぞれが仮想通貨で売買体験をするデモトレード(仮想売買)環境を整えています。自分自身のお金を投入せずにデモトレード(仮想トレード)が可能となっているので、率先して試していただきたいです。私も大体デイトレードで売買を繰り返して来ましたが、近頃はより収 ...

ECN口座とSTP口座

XMスキャルピング|デイトレードを実践するにあたっては…。

2019/2/16  

スプレッドに関しましては、FX会社毎に異なっていて、皆さんがFXで収益を手にするためには、売り買いする時のスプレッド幅が小さい方がお得になるわけですから、そのことを意識してFX会社をチョイスすることが大事なのです。為替の変動も見えていない状態での短期取引ということになれば、リスク管理もできるはずがありません。とにかく一定レベル以上の経験が必須ですから、いわゆるド素人にはスキャルピングは推奨できかねます。スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと考えていいのですが、実際のところもらえるスワップポイントは、FX会社の収益である手数料を引いた額だと考えてください。FXでは、「外貨を売る」という状 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|いくつかシステムトレードの内容を確かめてみますと…。

2019/2/15  

XMトレーディングSTP方式口座開設に付きものの審査に関しては、専業主婦又は大学生でも通っていますから、必要以上の心配は不必要だと言い切れますが、重要なファクターである「資産状況」や「投資経験」などは、絶対に注視されます。こちらのHPでは、手数料とかスプレッドなどを足した総コストでXMトレーディング会社をFXウェブで比較一覧にしています。言うまでもないことですが、コストに関しては収益を左右しますから、ちゃんと確かめることが大切だと言えます。「デモトレードを実施して利益をあげることができた」としましても、現実のリアルトレードで儲けを手にできるとは限らないのです。デモトレードというものは、どう頑張 ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|FX取引につきましては…。

2019/2/15  

スキャルピングとは、一度の取り引きで1円未満という非常に小さな利幅を追い求め、連日物凄い回数の取引を実施して薄利を取っていく、特殊な売買手法なのです。FX取引につきましては、「てこ」同様に少ない額の証拠金で、その何倍という取り引きができ、証拠金と本当の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称するのです。テクニカル分析において外せないことは、とにかく貴方自身に見合ったチャートを見つけることだと考えます。そしてそれをリピートする中で、あなただけの宝物となる売買法則を見い出すことが大切ではないでしょうか?スキャルピングにつきましては、数秒から数十秒の値動きを利用して取引しますので、値動きがそれなりにあ ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|証拠金を基にしてある通貨を購入し…。

2019/2/14  

僅か1円の値動きであっても、レバレッジが1倍の場合は1万円の損益になるわけですが、10倍の場合は10万円の損益になります。結局のところ「レバレッジを欲張れば欲張るほど損失が齎される可能性も高まる」のです。スイングトレードで利益をあげるためには、それ相応の売買のやり方があるわけですが、当然ですがスイングトレードの基本を押さえていることが必須です。とにかくスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。FXでは、「外貨を売る」という状態から取引を開始することもよくあるのですが、このように外貨を所有することなく「外貨を売りっ放しの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。M ...

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.