海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

「 月別アーカイブ:2019年01月 」 一覧

ECN口座とSTP口座

ECN口座|スプレッドというのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで…。

2019/1/15  

スイングトレードだとすれば、いくら短期でも数日間、長期の時は何カ月にもなるというような売買になるので、常日頃のニュースなどを踏まえて、その先の世界情勢を想定しトレードできるというわけです。スプレッドと言われる“手数料”は、一般的な金融商品と照らし合わせると、ビックリするくらい安いです。はっきり言いますが、株式投資の場合だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円くらいは売買手数料を徴収されます。システムトレードでも、新たに発注する場合に、証拠金余力が最低証拠金額を満たしていない場合は、新たに「買い」を入れることはできない決まりです。スワップポイントについては、「金利の差額」であると言わ ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|相場の変動も理解できていない状態での短期取引では…。

2019/1/15  

XM会社を海外FX業者の比較するなら、注目してほしいのは、取引条件です。XM会社個々に「スワップ金利」を始めとした諸条件が異なっているわけなので、一人一人の取引スタイルにピッタリ合うXM会社を、十二分に海外FX業者の比較した上で選ぶようにしましょう。XMが日本で勢いよく拡大した誘因の1つが、売買手数料が格安だということです。今からXMをスタートすると言うなら、スプレッドの低いXM会社を探し出すことも大切だと思います。トレードの1つのやり方として、「上下どちらかの方向に値が振れるほんの数秒から数分の時間内に、ちょっとでもいいから利益を何が何でももぎ取る」というのがスキャルピングというトレード法な ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|例えば1円の変動であっても…。

2019/1/14  

為替の方向性が顕著な時間帯を見極め、その波に乗るというのがトレードにおける大原則だと言われます。デイトレードは言うまでもなく、「熱くならない」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どんなトレード法で行なうにしても物凄く重要になるはずです。売りと買いのポジションを一緒に所有すると、為替がどちらに振れても収益を狙うことが可能なわけですが、リスク管理という面では2倍心を配る必要が出てきます。システムトレードの一番の強みは、トレードにおいて感情をオミットできる点だと言えます。裁量トレードをする場合は、どのようにしても自分の感情がトレードをする最中に入ってしまうでしょう。一緒の通貨でも、FX会 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|MT4に関しましては…。

2019/1/14  

FXに関しまして調査していくと、MT4(メタトレーダー4)という文言をいたるところで目にします。MT4というのは、使用料なしにて使うことができるFXソフトの名称で、優れたチャートや自動売買機能が付いている取引ツールのことを指すのです。レバレッジと言いますのは、入れた証拠金を証に、最高でその額の25倍の取り引きが認められるという仕組みを言うのです。仮に50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけますと、1000万円分の「売り買い」が可能です。実際のところは、本番トレード環境とデモトレード環境を比較した場合、前者の方が「毎回のトレードあたり1ピップス程度収入が減る」と考えた方が賢明かと思います。トレ ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|金利が高い通貨だけを選んで…。

2019/1/13  

トレードの1つのやり方として、「値が決まった方向に動くほんの数秒から数分の時間内に、僅少でもいいから利益を着実に手にしよう」というのがスキャルピングになります。システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に即してテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムが必ず「売り」と「買い」を行なってくれるのです。しかしながら、自動売買プログラムに関しましては投資を行なう人がセレクトしなければなりません。スキャルピングという取引法は、相対的に予見しやすい中期から長期にかけての世の中の動向などは問題視せず、どっちに転ぶか分からない戦いを間髪入れずに、かつ限りなく継続するというようなものだと思われます。 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|FXにおけるトレードは…。

2019/1/13  

小さな金額の証拠金の入金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが、想定している通りに値が動いてくれればそれに準じたリターンを獲得することができますが、反対になった場合は結構な被害を受けることになるわけです。「デモトレードをやってみて儲けられた」からと言って、実際のリアルトレードで収益をあげられるという保証は全くありません。デモトレードを行なう場合は、やはりゲーム感覚で行なってしまうことが大半です。デモトレードを始める時点では、FXに要される証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という金額の仮想通貨として用意されることになります。チャートをチェックする時に外すことができないと言 ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|MT4を利用すべきだと言う理由の1つが…。

2019/1/12  

FX会社が獲得する利益はスプレッドにより齎されるのですが、例を挙げますと米ドルと日本円の売買をする場合、FX会社はゲストに向けて、その外国通貨の買いと売りの為替レートを適用します。注目を集めているシステムトレードをチェックしてみると、第三者が考案・作成した、「一定レベル以上の収益が出ている自動売買プログラム」を踏襲する形で自動売買が為されるようになっているものが多いように感じます。トレンドが顕著になっている時間帯を選んで、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードを行なう時の大原則だと言われます。デイトレードは当たり前として、「じっくり待つ」「相場が荒れている時はポジションを持たない」と ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|システムトレードの場合も…。

2019/1/12  

レバレッジというものは、FXをやる上で常に使用されることになるシステムだと言われますが、実際に投資に回せる資金以上の「売り買い」が可能なので、少ない額の証拠金で大きな収益を得ることも期待できます。MT4で使用できる自動取引プログラム(略名:EA)の製作者は色々な国に存在しており、世に出ているEAの運用状況もしくは評定などを頭に入れながら、新規の自動売買ソフトの開発に努力しています。レバレッジというのは、納めた証拠金を拠り所にして、最大その金額の25倍のトレードが許されるという仕組みを指します。例を挙げると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけますと、1000万円もの取り引きができる ...

ECN口座とSTP口座

STP口座|同一通貨であっても…。

2019/1/11  

スプレッドとは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の売り上げとなる売買手数料とも考えられるものですが、各FX会社で独自にスプレッド幅を定めています。FX開始前に、まずはFX口座開設をやってしまおうと考えたところで、「どのようにしたら開設ができるのか?」、「何を基準に業者を選定すべきか?」などと頭を抱えてしまう人は非常に多いです。相場の傾向も分からない状態での短期取引ということになれば、リスク管理もできるはずがありません。とにもかくにも一定レベル以上の経験が不可欠なので、始めたばかりの人にはスキャルピングは不向きです。同一通貨であっても、FX会社が違えば付与されるスワップポイントは ...

ECN口座とSTP口座

ECN口座|レバレッジのお陰で…。

2019/1/11  

FX取引に関しては、「てこ」同様に少額の証拠金で、その25倍までの取り引きが可能で、証拠金と実際の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言っているのです。FXで儲けたいなら、FX会社を比較することが必要不可欠で、その上であなた自身にちょうど良い会社を1つに絞ることが必要だと考えます。このFX会社を比較する場合に大切になるポイントなどをご紹介したいと考えています。証拠金を基にして某通貨を購入し、そのまま所有している状態のことを「ポジションを持つ」というふうに言います。逆に、所有している通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。システムトレードと呼ばれているのは、人の思いだ ...

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.