海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMスキャルピング|デイトレードを行なうと言っても…。

投稿日:

海外FX 優良業者ランキング

FXのトレードは、「ポジションを建てて決済する」の繰り返しだと言うことができます。単純なことのように考えられるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングまたは決済を実施するタイミングは、すごく難しいと感じることでしょう。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションというのは、「売り」または「買い」をしたまま、決済せずにその状態を継続している注文のことになります。
為替の動きを予測する為に欠かせないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大切だと言われているのは「チャートの移り変わりを重視して、その先の為替の進捗を予想する」テクニカル分析だと言えます。
MT4で機能する自動トレードソフト(略称:EA)の開発者はいろんな国に存在しており、現在のEAの運用状況であったり書き込みなどを勘案して、更に実用性の高い自動売買ソフトを開発しようと頑張っています。
スプレッドと言いますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社の利益となる売買手数料とも捉えられるものですが、各社のマーケット戦略に従って独自にスプレッド幅を定めています。

FXの最大のウリはレバレッジだと思っていますが、きちんと得心した状態でレバレッジを掛けるようにしないと、はっきり申し上げてリスクを上げるだけになるはずです。
システムトレードでは、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが発生した時に、システムが間違いなく買ったり売ったりをします。ですが、自動売買プログラム自体は人間がチョイスしなければいけません。
デイトレードを行なうと言っても、「どんな時もトレードを繰り返して利益につなげよう」とは考えない方が良いでしょう。無理なことをして、逆に資金を減らしてしまっては全く意味がありません。
デイトレードと呼ばれているものは、スキャルピングの売買の間隔を幾分長くしたもので、実際的には3~4時間から24時間以内に決済を済ませるトレードを意味します。
スワップと申しますのは、「売り」と「買い」の対象となる2つの通貨の金利の違いにより得ることができる利益というわけです。金額そのものは小さいですが、日毎付与されることになっているので、割とおいしい利益だと言えるでしょう。

システムトレードに関しましては、そのソフトとそれを正しく動かすPCが高額だったため、かつてはそれなりにお金を持っている投資家のみが実践していたというのが実情です。
5000米ドルを購入して所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。無論のことドル高へと進展した時には、売却して利益を手にします。
スイングトレードをするつもりなら、短期だとしても数日~数週間、長期の場合は何カ月にも及ぶといった売買になりますので、デイリーのニュースなどをベースに、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を想定し資金を投入することができます。
システムトレードだとしても、新たに取り引きするという状況の時に、証拠金余力が要される証拠金の額より少ない場合は、新たに注文することはできない決まりです。
初回入金額と申しますのは、FX口座開設が終了した後に入金しなければいけない最低必要金額のことです。最低金額を指定していない会社も見られますし、5万円必要という様な金額設定をしているところも多いです。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2020 All Rights Reserved.