海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMスキャルピング|海外FX取り引きの中で使われるポジションとは…。

投稿日:

海外FX厳選紹介

海外FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買いますと、金利差によるスワップポイントを手にすることができますが、高い金利の通貨で低い通貨を買うという時は、裏腹にスワップポイントを支払う必要があります。
証拠金を元手にある通貨を購入し、そのまま所有している状態のことを「ポジションを持つ」と言うわけです。反対に、キープし続けている通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言うわけです。
日本の銀行と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXをする際に手にするスワップ金利というわけです。
MT4については、かつてのファミコン等の機器と一緒で、本体にプログラムされたソフトを挿入することによって、ようやく海外FXトレードができるのです。
MT4をパソコンにセットして、インターネットに接続させたまま休むことなく稼働させておけば、寝ている時も自動的に海外FX取り引きを行なってくれます。

デイトレードと言われるのは、完全に1日ポジションを保つというトレードのことではなく、実際はニューヨークマーケットの取引終了前に決済を完結させてしまうというトレードスタイルを指します。
システムトレードと呼ばれているのは、人の気分であったり判断を入り込ませないための海外FX手法の1つですが、そのルールを考えるのは利用者自身ですから、そのルールがずっと有効に機能することはほぼ皆無だと思っていてください。
テクニカル分析を実施する時は、一般的にローソク足を時系列的に描写したチャートを利用します。初めて目にする方にとっては引いてしまうかもしれませんが、努力してわかるようになりますと、これ程心強いものはありません。
「デモトレードを繰り返し行なっても、現実に損失が出ることがないので、メンタル上の経験を積むことが不可能だ!」、「ご自身のお金で売買をやってこそ、初めて経験を積むことができるのだ!」と主張される方もいます。
売買する時の価格に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行においても違う呼び名で取り入れられています。しかもびっくりするでしょうが、その手数料たるや海外FX会社の150~200倍というところが結構存在します。

デイトレードだとしても、「常にエントリーを繰り返し利益を出そう」などという考えは捨てた方が賢明です。強引なトレードをして、挙句に資金が減少してしまっては悔いが残るばかりです。
スプレッド(≒手数料)は、その他の金融商品と比べましても、信じられないくらい安いのです。正直なところ、株式投資なんか100万円以上の「売り・買い」をすれば、1000円程は売買手数料を支払わされるでしょう。
最近は、どの海外FX会社も売買手数料は無料となっておりますが、その一方でスプレッドがあり、このスプレッドというものこそが事実上の海外FX会社の利益ということになります。
テクニカル分析というのは、相場の時系列的な変遷をチャートで表示し、更にはそのチャートを参照することで、その後の値動きを予測するという分析法になります。このテクニカル分析は、いつ取引したらいいかを認識する際に有効なわけです。
海外FX取り引きの中で使われるポジションとは、保証金的な役割を担う証拠金を投入して、香港ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを指すわけです。なお外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.