海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMスキャルピング|トレードを行なう一日の中で…。

投稿日:

海外FX会社評判ランキング紹介

海外FX取引もいろいろありますが、一番取り組む人が多い取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」です。その日にゲットできる利益を安全に押さえるというのが、このトレードのやり方なのです。
申し込みを行なう際は、業者の公式ウェブサイトの海外FX口座開設ページを通して15~20分前後で完了できるはずです。申込フォームへの入力が終了したら、必要書類をFAXやメールなどを利用して送付し審査結果が出るまで待つというわけです。
証拠金を基にしてどこかの国の通貨を購入し、そのまま保有している状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それとは反対のパターンで、維持し続けている通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」と言うのです。
昨今のシステムトレードを検証しますと、他の人が立案・作成した、「それなりの利益が出続けている売買ロジック」を基に自動売買されるようになっているものが多いようです。
スイングトレードと言われるのは、売買をする当日のトレンドに結果が左右される短期売買と海外FXブログで比較して、「ここまで相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が結果に響くトレード法だと考えます。

トレードのひとつの戦法として、「値が決まった方向に動くほんの数秒から数分の時間内に、大きな額でなくてもいいから利益を何が何でもあげよう」というのがXMスキャルピングというわけです。
デモトレードの初期段階では、FXに欠かせない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想通貨として準備されます。
XMスキャルピングの攻略法は各人各様ですが、いずれにしてもファンダメンタルズ関連は無視して、テクニカル指標だけを頼りにしています。
海外FX用語の1つでもあるポジションというのは、担保的な役割をする証拠金を投入して、香港ドル/円などの通貨ペアを「売り買い」することを指しています。ついでに言うと、外貨預金にはポジションという概念はありません。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがあるわけですが、このポジションというのは、取り引きをしたまま決済することなくその状態を保持し続けている注文のことなのです。

僅か1円の値動きだとしても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益になりますが、10倍なら10万円の損益なのです。簡単に言うならば「レバレッジが高倍率になるほど被害を受ける確率も高くなってしまう」ということなのです。
購入時と売却時の価格に差を設けるスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても違う呼び名で設定されています。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料というのが海外FX会社の200倍程度というところが多々あります。
トレードを行なう一日の中で、為替の振れ幅が大きくなる機会を見極めて取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目論むのではなく、その日ごとに何回か取引を実施し、ステップバイステップで儲けを出すというトレード手法だとされます。
実際のところは、本番のトレード環境とデモトレードの環境を比べてみると、前者の方が「一度のトレードごとに1pips位利益が少なくなる」と想定した方がよろしいと思います。
スプレッドと言われるのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社にとっては儲けとなる売買手数料と同じようなものですが、各社それぞれが個別にスプレッド幅を設けています。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.