海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|スワップというものは…。

投稿日:

海外FX比較まとめサイト

トレードの一手法として、「為替が上下いずれか一方向に動く最小時間内に、幾らかでも利益を着実に掴みとる」というのがスキャルピングというトレード法です。
スワップというものは、売買対象となる2国間の金利の差異により得ることができる利益というわけです。金額から見たらわずかなものですが、毎日1回貰うことができますので、すごくありがたい利益だと言えるのではないでしょうか?
何種類かのシステムトレードの内容を確認してみると、力のあるトレーダーが構築した、「それなりの収益をあげている自動売買プログラム」を踏まえて自動的に売買されるようになっているものが目に付きます。
システムトレードでは、EA(自動売買プログラム)によってテクニカルポイントがやって来た時に、システムが強制的に売り買いを完結してくれます。しかしながら、自動売買プログラム自体は投資を行なう人がセレクトしなければなりません。
スプレッド(≒手数料)については、通常の金融商品と海外FX業者の比較しても、信じられないくらい安いのです。はっきり言いますが、株式投資の場合だと100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円前後は売買手数料を徴収されます。

「多忙の為、常日頃からチャートを覗くなんていうことはほとんど不可能だ」、「為替に影響する経済指標などを速やかにチェックできない」と思われている方でも、スイングトレードをやることにすればそんなことをする必要もないのです。
収益を手にするには、為替レートが最初に注文した時のものよりも有利な方に振れるまで待つ必要があります。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。
スワップポイントに関しては、ポジションを保ち続けた日数分与えられます。日々決められた時間にポジションを保持した状態だと、その時点でスワップポイントが貰えるわけです。
テクニカル分析においては、原則的にはローソク足を時間単位で配置したチャートを使用することになります。見た限りでは複雑そうですが、努力してわかるようになりますと、手放せなくなるはずです。
海外FXSTP口座開設に関してはタダになっている業者が大半を占めますので、そこそこ時間は必要としますが、2つ以上開設し実際に売買をしてみて、ご自身にピッタリの海外FX業者を絞り込みましょう。

スイングトレードのメリットは、「連日パソコンの売買画面の前に陣取って、為替レートを確認する必要がない」という点であり、まともに時間が取れない人にマッチするトレード方法だと思います。
為替の動きを類推するための手法として有名なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だと言えるのは「チャートの移り変わりを重視して、その後の為替の進捗を予測する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
スプレッドと言いますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社の収益となる売買手数料とも捉えられるものですが、各海外FX会社で個別にスプレッド幅を設定しています。
スイングトレードの留意点としまして、PCのトレード画面に目を配っていない時などに、一気に考えられないような暴落などがあった場合に対応できるように、事前に何らかの対策をしておかないと、大変な目に遭います。
海外FXに取り組む際の個人対象のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを思いますと、「ここ数年の最高25倍は低い」と感じている人が存在するのも無理はありませんが、25倍だったとしても満足な利益を得ることができます。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.