海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|相場の傾向も見えていない状態での短期取引となれば…。

投稿日:

海外FXで億トレーダー

テクニカル分析をやってみようという時に重要なことは、何を置いてもご自分にフィットするチャートを見つけることだと言っていいでしょう。そのあとでそれを繰り返す中で、自分オンリーの売買法則を見つけ出すことが大切です。
相場の傾向も見えていない状態での短期取引となれば、成功するはずがないと言えます。とにもかくにもそれなりの知識とテクニックが必要不可欠ですから、完全初心者にはスキャルピングは困難だと言わざるを得ません。
僅か1円の値動きだとしても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益ということになりますが、10倍でしたら10万円の損益ということになります。すなわち「レバレッジが高くなるほどリスクも高まってしまう」のです。
MT4と称されているものは、ロシアで開発されたFXトレーディング用ソフトです。使用料なしで使用可能で、尚且つ超絶機能装備ということもあり、最近FXトレーダーからの評価も上がっています。
売る時と買う時の価格に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても違う呼び名で取り入れられているのです。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料がなんとFX会社の150~200倍というところがかなり目に付きます。

「各々のFX会社が提供しているサービスを比べる時間がそこまでない」といった方も少なくないでしょう。これらの方の参考にしていただきたいと考え、それぞれのサービスでFX会社を海外FX業者の比較し、ランキング形式で並べました。
為替の動きを予測するための手法として有名なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートから極近い将来の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方だと考えます。
FX取引については、「てこ」がそうであるように少ない額の証拠金で、その25倍もの取り引きが可能だとされており、証拠金と事実上の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と言っているのです。
MT4向け自動取引プログラム(EA)のプログラマーは全世界のさまざまな国に存在しており、リアルな運用状況であったり書き込みなどを参考にして、更なる使い勝手のよい自動売買ソフトの開発に取り組んでいます。
ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」に分類できますが、このポジションと申しますのは、取り引きをした後、決済することなくその状態を保っている注文のことです。

少ない金額の証拠金によって高額な売り買いが可能となるレバレッジではありますが、考えている通りに値が動いてくれればそれに見合った利益を手にできますが、逆になった場合は大きな損失を被ることになります。
システムトレードに関しましては、そのソフトとそれを安定的に働かせるパソコンが高級品だったため、以前はそこそこ余裕資金のあるトレーダーだけが実践していたというのが実情です。
取引につきましては、何でもかんでも自動的に実施されるシステムトレードですが、システムの再検討は恒常的に行なう必要があり、そのためには相場観を持つことが欠かせません。
チャートの変動を分析して、売買する時期の決定をすることをテクニカル分析と呼ぶわけですが、これさえ可能になったら、「買い時と売り時」を外すようなことも減少すると思います。
スキャルピングに取り組むときは、わずか数ティックでも着実に利益を確定させるという信条が肝心だと思います。「もっと値があがる等と思うことはしないこと」、「欲は排すること」が肝要です。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.