海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|FXで大きく稼ぎたいと言うなら…。

投稿日:

ハイレバレッジで取引可能なFX業者は!?

証拠金を納めて特定の通貨を買い、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」というふうに言います。それとは逆パターンで、所有し続けている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言っています。
FXで使われるポジションとは、保証金とも言える証拠金を入金して、スイスフラン/円などの通貨ペアを売り買いすることを指すのです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。
デイトレードを行なう際には、通貨ペアのチョイスも非常に重要な課題です。原則として、大きく値が動く通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは無理だと考えるべきです。
スイングトレードで収益を得るには、そうなるだけの取り引きの進め方があるのですが、それにつきましてもスイングトレードの基本を押さえていることが必須です。差し当たりスイングトレードの基本を押さえてください。
FXで大きく稼ぎたいと言うなら、FX会社をFXウェブで比較することが重要で、その上で各々の考えに即した会社を選択することが重要だと言えます。このFX会社をFXウェブで比較するという上で欠くことができないポイントをお伝えしたいと思います。

MT4と言われるものは、ロシアの会社が作ったFXトレーディング用ソフトです。無料にて利用することができ、それに多機能実装ですので、現在FXトレーダーからの関心度も非常に高いと言われています。
通常、本番トレード環境とデモトレード環境を比べてみますと、前者の方が「一度のトレードあたり1pips程度利益が減少する」と思っていた方がいいと思います。
FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントを獲得できますが、高い金利の通貨で低い通貨を買いますと、反対にスワップポイントを徴収されるというわけです。
私の知人は主としてデイトレードで売買を継続していましたが、今日ではより大きな利益を出すことができるスイングトレード手法を利用して売買しております。
高い金利の通貨だけを選んで、そのまま保持することでスワップポイントが受け取れるので、このスワップポイントだけを目的にFXをやる人も相当見受けられます。

我が国とFXウェブで比較して、海外の銀行の金利が高いので、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをすることで付与されることになるスワップ金利というわけです。
それほど多くない証拠金の拠出で高額な取り引きが可能なレバレッジではありますが、想定している通りに値が変動すればそれなりのリターンを獲得することができますが、逆の場合は大きなマイナスを被ることになります。
FX取引におきましては、「てこ」がそうであるように低額の証拠金で、その額の25倍までという取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と言っているのです。
レバレッジと呼ばれるものは、FXをやり進める中で常に用いられるシステムになりますが、投下できる資金以上の取り引きが行なえますので、低額の証拠金で大きな儲けを出すことも可能です。
スプレッドと言いますのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社にとっては収益となる売買手数料みたいなものですが、各FX会社で独自にスプレッド幅を設定しているのです。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.