海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|海外FXで言うところのポジションとは…。

投稿日:

海外FX口座のメリット・デメリット

海外FXで言うところのポジションとは、保証金的な役割を担う証拠金をSTP口座に入金して、スイスフラン/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを指しています。余談ですが、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。
テクニカル分析をする場合、やり方としては大きく分けてふた通りあると言えます。チャートに転記された内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「分析専用ソフトが半強制的に分析する」というものです。
5000米ドルを買って持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然のことドル高に進展したら、売って利益を手にします。
FX会社のSTP口座に入る収益はスプレッドが齎すことになるのですが、例を挙げれば英国ポンドと日本円の売買の場合、FX会社はあなたに向けて、その外国通貨の買いと売りの為替レートを適用するのです。
システムトレードの一番の特長は、不要な感情を捨て去ることができる点だと思います。裁量トレードをするとなると、確実に感情がトレードを進める中で入ることになります。

トレードの方法として、「為替が一定の方向に動く短時間に、大きな額でなくてもいいから利益を着実にあげよう」というのがスキャルピングというトレード法になります。
為替の方向性が顕著な時間帯を意識して、その機を逃すことなく買いを入れるのがトレードにおける原則だとされます。デイトレードは勿論、「慌てない」「トレンドがはっきりしない時は投資しない」というのは、どのようなトレード法を行なおうともとっても大切なことだと言えます。
初回入金額というのは、海外FXSTP口座開設が終了した後に入金することが要される最低必要金額のことです。特に金額指定をしていない会社も存在しますし、50000円以上といった金額指定をしている所も見られます。
為替の動きを予想する時に外せないのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートの動きを分析して、その後の値動きを推測する」テクニカル分析だと言えるでしょう。
スプレッドと言われるのは外貨の売買価格の差のことで、FX会社の儲けとなる売買手数料と同じようなものですが、各社ごとに独自にスプレッド幅を設定しています。

海外FXSTP口座開設さえしておけば、現実に「売り買い」を行なうことがなくてもチャートなどを活用することができますから、「取り敢えず海外FXの周辺知識を得たい」などと思われている方も、開設してみるといいですね。
システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に従ってテクニカルポイントに達した時に、システムが必ず買ったり売ったりをします。そうは言うものの、自動売買プログラム自体は人間がチョイスしなければいけません。
海外FX会社を口コミで比較したいなら、注目してほしいのは、取引条件でしょう。一社一社「スワップ金利」等が異なっているわけなので、個々人のトレードに対する考え方に沿った海外FX会社を、しっかりと口コミで比較の上セレクトしてください。
海外FXにつきましては、「外貨を売る」ということから取引をスタートすることもできるわけですが、このように外貨を有することなく「外貨の売却だけをした状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。
レバレッジ制度があるので、証拠金が少なくてもその何倍もの取り引きをすることが可能で、多額の利益も期待できますが、反対にリスクも高くなるのが常ですから、絶対に無理することなくレバレッジ設定することが重要です。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.