海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|スキャルピングのメソッドは各人各様ですが…。

投稿日:

海外FX業者のスプレッドは!?

スキャルピングとは、数秒~数分でわずかな収益を獲得していく超短期取引のことで、チャートまたはテクニカル指標を基にして売買をするというものなのです。
FXの一番のおすすめポイントはレバレッジに違いありませんが、全て理解した状態でレバレッジを掛けませんと、単純にリスクを大きくするだけになるでしょう。
FX取引をする中で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも提示されている「金利」だと思ってください。だけど著しく異なる点があり、この「金利」は「受け取るだけかと思いきや払うこともあり得る」のです。
デイトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売るタイミングと買うタイミングを少し長くしたもので、通常は3~4時間程度から1日以内に決済をするトレードだとされます。
デモトレードに取り組む最初の段階では、FXにつきものの証拠金がデモ口座(仮想口座)に、必要な金額分仮想通貨として準備されることになります。

レバレッジ制度があるので、証拠金が少額でもその額の数倍という「売り買い」ができ、多額の利益も望むことができますが、逆にリスクも高くなりますので、無謀なことはしないでレバレッジ設定することが重要です。
スキャルピングのメソッドは各人各様ですが、いずれもファンダメンタルズ関連は考慮しないで、テクニカル指標だけに依存しているのです。
FX口座開設に掛かる費用というのは、タダの業者が大部分を占めますから、もちろん時間は要しますが、2つ以上の業者で開設し現実に使用してみて、個人個人に適したFX業者を選定しましょう。
最近では、どのFX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、別途スプレッドがあり、このスプレッドこそが実際のFX会社の儲けになるわけです。
スキャルピングをやる時は、わずか数ティックでも待つということをせず利益を確定するというメンタリティが肝心だと思います。「もっと伸びる等と考えることはしないこと」、「欲は排すること」が大切です。

スプレッドと言いますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社にとっては儲けになる売買手数料とも捉えられるものですが、FX会社毎に独自にスプレッド幅を設定しているのです。
テクニカル分析と言われているのは、相場の時系列的な動きをチャート型式で示して、更にはそのチャートを基本に、直近の為替の動きを推測するという分析方法です。このテクニカル分析は、取引する好機を探る際に行ないます。
FX取引完全初心者の方からすれば、かなり無理があると感じるテクニカル分析なのですが、チャートの動きを決定づけるパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの判断が断然容易になります。
MT4をパソコンにセッティングして、インターネットに繋いだ状態で常に稼働させておけば、外出中も完全自動でFX売買を行なってくれるわけです。
チャートの時系列的変動を分析して、売り時と買い時の決断をすることをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析さえ可能になったら、「買い時と売り時」を外すようなことも減少すると思います。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.