海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

STP口座|テクニカル分析をやってみようという時に欠かすことができないことは…。

投稿日:

海外FX比較ウェブサイト

テクニカル分析をやってみようという時に欠かすことができないことは、一番にあなた自身の考え方に合うチャートを見つけ出すことです。そのあとでそれを繰り返す中で、自分オンリーの売買法則を築き上げることを願っています。
デモトレードをこれから始めるという段階では、FXに不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、希望金額分仮想マネーとして準備されます。
スプレッドというものは、取引を行なう際の「買値と売値の差額」のことを指します。このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、FX会社それぞれでその設定金額が異なっているのです。
スワップポイントに関しましては、ポジションを維持し続けた日数分享受することができます。日々決まった時間にポジションを保有したままだと、その時点でスワップポイントがプラスされるわけです。
我が国と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあるために、スワップ金利が付与されます。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをする際に手にするスワップ金利というわけです。

FX取引は、「ポジションを建てる&ポジションを決済する」の反復なのです。単純なことのように考えられるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングまたは決済に踏み切るタイミングは、非常に難しいと感じるはずです。
「デモトレードをやってみて利益を出すことができた」と言われても、実際のリアルトレードで収益を手にできる保証はないと考えた方が賢明です。デモトレードを行なう場合は、どうしたってゲーム感覚でやってしまうことがほとんどです。
スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと言われていますが、実際的に獲得できるスワップポイントは、FX会社の儲けとなる手数料を差し引いた金額だと思ってください。
システムトレードに関しても、新たに売買するという状況の時に、証拠金余力が必要となる証拠金額以上ない時は、新規に売り買いすることは不可能とされています。
レバレッジと申しますのは、預け入れした証拠金を根拠に、最高でその25倍のトレードが許されるというシステムを指しています。例を挙げると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるということにしますと、1000万円相当の「売り・買い」が可能なわけです。

「デモトレードをしたところで、現実に損をすることがないので、気持ちの上での経験を積むことは困難だと言える。」、「ご自身のお金を使ってこそ、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」と言う方も稀ではないのです。
例えば1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益になるわけですが、10倍でしたら10万円の損益になります。要するに「レバレッジが高くなればなるほどリスクも大きくなってしまう」のです。
スプレッドと言いますのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社の収益になる売買手数料と同様なものですが、各FX会社で個別にスプレッド幅を設定しています。
デイトレードと申しますのは、スキャルピングの売りと買いのタイミングをそれなりに長めにしたもので、総じて1~2時間から1日以内に決済を終えてしまうトレードを指します。
同一国の通貨であったとしても、FX会社により与えられるスワップポイントは違ってくるのが普通です。ネット上にある海外FX業者の比較表などでちゃんと見比べて、なるだけ高いポイントを提示している会社を選ぶようにしてください。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.