海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

ECN口座とSTP口座

STP口座|FX会社に入る利益はスプレッドが齎しているのですが…。

投稿日:

海外FX口座開設マニュアル

なんと1円の変動であっても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益になりますが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。一言でいうと「レバレッジが高い倍率になればなるほど損失が出る危険性も高まる」ということなのです。
デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いのタイミングを若干長くしたもので、実際的には2~3時間程度から24時間以内に決済を終えてしまうトレードだと解釈されています。
デイトレードの良いところと言いますと、次の日に持ち越すことなく例外なく全てのポジションを決済しますから、利益が把握しやすいということではないでしょうか?
FX取引に取り組む際には、「てこ」の原理のように小さい額の証拠金で、最大25倍もの取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と現実の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と呼ぶのです。
XMの最大のメリットはレバレッジでしょうけれど、本当に知識を頭に入れた状態でレバレッジを掛けることにしないと、現実的にはリスクを上げるだけになると言っても過言ではありません。

システムトレードにおいては、自動売買プログラム(EA)の設定内容に従ってテクニカルポイントが発生した時に、システムが強制的に「売り」と「買い」を行なってくれるのです。そうは言いましても、自動売買プログラムについてはトレーダー自身が選ぶわけです。
デイトレードというのは、取引開始時刻から1日ポジションを維持するというトレードではなく、実際的にはNYのマーケットが手仕舞いされる前に決済を完了させてしまうというトレードを指します。
XMSTP方式口座開設の申し込みを終了し、審査でOKが出れば「IDとPW」が送られてくるというのが一般的なフローですが、XM会社のいくつかはTELにて「内容確認」をしています。
買いと売りの両ポジションを同時に有すると、円安になっても円高になっても収益を得ることができるというわけですが、リスク管理の点では2倍神経を注ぐ必要に迫られます。
我が国と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあるために、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、XMをすると付与されるスワップ金利です。

FX会社に入る利益はスプレッドが齎しているのですが、例を挙げますと米ドルと日本円の取り引きの場合、FX会社は顧客に対して、その外国通貨の買いと売りの為替レートを適用するわけです。
テクニカル分析を行なう場合、やり方としましては大きく分類して2通りあります。チャートに描かれた内容を「人の目で分析する」というものと、「パーソナルコンピューターが半強制的に分析する」というものになります。
XMに関してネットサーフィンしていくと、MT4という言葉をよく目にします。MT4と言いますのは、使用料なしで利用することが可能なXMソフトで、有益なチャートや自動売買機能が搭載されている売買ツールのことです。
チャートの値動きを分析して、売買のタイミングを決定することをテクニカル分析と称しますが、この分析ができれば、売買の好機の間違いも激減するでしょう。
XMSTP方式口座開設に関しての審査に関しましては、専業主婦だったり大学生でも通過しているので、過剰な心配は要らないとお伝えしておきますが、大切な項目である「投資目的」であったり「投資歴」等は、きちんと吟味されます。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2018 All Rights Reserved.