海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

ECN口座|スワップポイントについては…。

投稿日:

海外FX口座のメリット・デメリット

スキャルピングという売買法は、割合にイメージしやすい中長期に及ぶ経済的な動向などは考えず、一か八かの勝負を感覚的に、かつ限りなく継続するというようなものだと思います。
デモトレードをやるのは、ほとんどXMビギナーの人だと思われることが多いですが、XMの専門家と言われる人もちょくちょくデモトレードを使うことがあると聞いています。例えば新たに考えだしたトレード手法のテストの為です。
XMECN方式口座開設の申し込みを終了し、審査に合格すれば「IDとPW」が簡易書留郵便などで届くというのが一般的な流れですが、いくつかのXM会社は電話を使用して「リスク確認」を行なっているようです。
「デモトレードをやったところで、現実に損失が出ることがないので、心理的な経験を積むことができない!」、「現実のお金でトレードしてこそ、初めて経験が積めるわけだ!」と言われる方も多いです。
少ない金額の証拠金によって高額な取り引きが可能なレバレッジですが、見込んでいる通りに値が動きを見せればそれに準じた収益をあげられますが、逆になった場合は大きなマイナスを被ることになります。

証拠金を元手に特定の通貨を買い、そのまま維持していることを「ポジションを持つ」と言うわけです。その一方で、維持している通貨を売ることを「ポジションの解消」と言うわけです。
「連日チャートを確認するなどということはできない」、「為替に影響を及ぼす経済指標などをタイミングよくチェックできない」と思われている方でも、スイングトレードであればそんなことをする必要もないのです。
XMの一番の特長はレバレッジだと言えますが、確実に了解した上でレバレッジを掛けなければ、正直言ってリスクを上げるだけになってしまいます。
XMに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買いますと、それ相応のスワップポイントをもらうことができますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買う時は、お気付きの通りスワップポイントを払うことになります。
スイングトレードの長所は、「年がら年中PCの取引画面から離れることなく、為替レートの変化に気を揉む必要がない」という点で、まともに時間が取れない人に相応しいトレード法ではないかと思います。

XMECN方式口座開設をする際の審査につきましては、学生もしくは専業主婦でも通っていますから、そこまでの心配は不要だと言えますが、入力事項にある「資産状況」や「投資経験」などは、きっちりとチェックを入れられます。
スキャルピングというのは、僅かな時間の値動きを捉えますので、値動きがある程度あることと、取引回数が増えますから、取引をする上での必要経費が小さい通貨ペアをターゲットにすることが大切だと言えます。
為替の流れも分からない状態での短期取引ということになれば、リスク管理もできるはずがありません。とにもかくにもそれなりの知識とテクニックがないと話しになりませんから、経験の浅い人にはスキャルピングは推奨できません。
スワップポイントについては、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、実際的にもらうことができるスワップポイントは、XM会社に支払うことになる手数料をマイナスした額ということになります。
レバレッジを有効活用すれば、証拠金が少なくても最大25倍もの売買ができ、手にしたことがないような収益も望むことができますが、逆にリスクも高くなりますので、決して無茶はしないでレバレッジ設定するようにしましょう。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.