海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

ECN口座|売り値と買い値に差を設定するスプレッドは…。

投稿日:

FX RANKING PICKUP

「デモトレードを実施してみて儲けられた」と言っても、リアルなリアルトレードで利益を生み出せるかはわからないというのが正直なところです。デモトレードに関しましては、どう頑張ってもゲーム感覚になることが否めません。
なんと1円の変動だったとしても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益になるわけですが、10倍ならば10万円の損益になるというわけです。わかりやすく言うと「レバレッジが高倍率になるにつれリスクも大きくなってしまう」ということなのです。
海外FX取引において、最も一般的な取引スタイルだとされているのが「デイトレード」です。毎日毎日ゲットできる利益を着実にものにするというのが、この取引法なのです。
海外FXECN口座開設さえすれば、本当に海外FXの売買を行なわなくてもチャートなどを確認することができるので、「とにかく海外FXについて学びたい」などと考えている方も、開設すべきだと思います。
日本と比べて、海外の銀行の金利が高いという理由で、スワップ金利がもらえるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXに取り組んだ時に与えられるスワップ金利というわけです。

スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」であると考えていただいて構いませんが、実際的に付与されるスワップポイントは、海外FX会社に払うことになる手数料をマイナスした額になります。
金利が高く設定されている通貨に投資して、そのまま保有することでスワップポイントが貰えるので、このスワップポイントを得るだけのために海外FXをする人も稀ではないとのことです。
デモトレードを実施するのは、やはり海外FXビ初心者だと言われる方だと想定されますが、海外FXの経験者も率先してデモトレードを実施することがあります。例えば新しく考案したトレード法のトライアルをするケースなどです。
スキャルピングと言いますのは、一度の取り引きで1円にすら達しない僅かばかりの利幅を追っ掛け、一日に数え切れないくらいの取引を敢行して薄利を積み上げる、特殊な取引手法なのです。
システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)の設定内容に従ってテクニカルポイントに到達した時に、システムが着実に売り買いを行なってくれるわけです。しかし、自動売買プログラムについては投資する人自身が選択します。

売り値と買い値に差を設定するスプレッドは、FX会社のみならず銀行においても異なる名前で取り入れています。しかも驚くでしょうが、その手数料がなんと海外FX会社の150~200倍というところが多々あります。
海外FX会社の多くが仮想通貨を使ったデモトレード(トレード訓練)環境を用意しています。ご自身のお金を費やすことなくトレード体験(デモトレード)ができるので、とにかく体験した方が良いでしょう。
テクニカル分析を行なうという時は、基本としてローソク足を並べて表示したチャートを使います。ちょっと見引いてしまうかもしれませんが、ちゃんと読み取れるようになりますと、手放せなくなるはずです。
デイトレードと言われるのは、一日24時間ポジションを保有するというトレードを指すのではなく、現実的にはニューヨークのマーケットがクローズする前に決済を終えてしまうというトレードスタイルのことです。
海外FXECN口座開設の申し込みを終え、審査でOKとなったら「ログインIDとパスワード」が郵便を使って送り届けられるというのが通例ですが、海外FX会社の何社かはTELで「リスク確認」を行なっているようです。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.