海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

ECN口座|デイトレードと言われるのは…。

投稿日:

海外FX選びガイド

「デモトレードを繰り返し行なっても、実際に痛手を被ることがないので、心理的な経験を積むには無理がある!」、「自分自身のお金を費やしてこそ、初めて経験が積めるわけだ!」と言われる方も少なくはありません。
ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」があるのですが、このポジションというのは、売買したまま決済することなくその状態を保持している注文のことを指します。
デイトレードと言われるのは、丸一日ポジションを保持するというトレードのことではなく、現実的にはニューヨークのマーケットが手仕舞いされる前に決済をしてしまうというトレードのことを言います。
スワップと申しますのは、取引の対象となる2つの通貨の金利差からもらうことができる利益のことを指します。金額そのものは小さいですが、毎日毎日貰えることになっていますので、決して悪くはない利益だと言えるのではないでしょうか?
評判の良いシステムトレードをリサーチしてみますと、他のトレーダーが作った、「きちんと利益をもたらしている売買ロジック」を勘案して自動売買ができるようになっているものがたくさんあることが分かります。

デイトレードの特長と言うと、翌日まで保持することなく例外なく全てのポジションを決済するというわけですから、損益が毎日明確になるということだと考えます。
システムトレードと呼ばれるのは、人の思いだったり判断が入り込まないようにするためのFX手法になりますが、そのルールを企図するのは人なので、そのルールがずっと役立つというわけではないのです。
スプレッドと言われるのは外貨を売り買いする時の価格差のことで、FX会社の収入となる売買手数料とも捉えられるものですが、各FX会社で個別にスプレッド幅を取り決めているわけです。
日本より海外の銀行の金利が高いということが理由で、スワップ金利がもらえるわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利というわけです。
高い金利の通貨だけを対象にして、そのまま保持することでスワップポイントが齎されるので、このスワップポイントという利益をもらおうとFXに勤しんでいる人も多いと聞きます。

スイングトレードのウリは、「365日PCの前に座りっ放しで、為替レートを注視しなくて良い」という点であり、サラリーマンやOLにもってこいのトレード方法だと言っていいでしょう。
システムトレードの一番の長所は、全く感情をシャットアウトできる点だと言えるでしょう。裁量トレードでやる場合は、どのようにしても自分の感情が取り引き中に入ることになってしまいます。
FXの究極の利点はレバレッジだと断言しますが、完全に周知した上でレバレッジを掛けることにしないと、正直申し上げてリスクを上げるだけになります。
「連日チャートをウォッチするなどということは無理に決まっている」、「為替にも響く経済指標などを直ぐに確かめられない」とおっしゃる方でも、スイングトレードをやることにすればまったく心配することはありません。
FX会社を比較する場合にチェックしなければならないのは、取引条件でしょう。FX会社それぞれで「スワップ金利」を始めとした条件が異なっていますので、個々人のトレードに対する考え方に見合ったFX会社を、比較の上選定してください。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.