海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

ECN口座とSTP口座

ECN口座|低額の証拠金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジですが…。

投稿日:

海外FX口座のメリット・デメリット

デイトレードを行なうと言っても、「毎日毎日トレードを繰り返して収益を出そう」などという考えは捨てた方が賢明です。無理矢理投資をして、期待とは裏腹に資金がなくなってしまっては全く意味がありません。
デイトレードをやるという時は、どの通貨ペアを選択するかも大切になります。基本事項として、変動のある通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで大きな利益を手にすることは無理だと断言できます。
今の時代多数のFX会社があり、会社個々に特有のサービスを行なっているわけです。こういったサービスでFX会社を比較して、個々人にピッタリくるFX会社を見つけ出すことが一番大切だと考えています。
利益を出すには、為替レートが注文した際のものよりも良い方向に振れるまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
例えば1円の値動きだとしても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益になりますが、10倍でしたら10万円の損益なのです。詰まるところ「レバレッジが高くなるほど損失が出る危険性も高まる」と言えるわけです。

デイトレードと言いますのは、スキャルピングの売りと買いの間隔を幾分長くしたもので、現実の上では2~3時間から1日以内に決済を済ませるトレードのことなのです。
スプレッドと申しますのは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社の実利となる売買手数料の様なものですが、FX会社それぞれが独自にスプレッド幅を決めています。
低額の証拠金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジですが、目論んでいる通りに値が動いてくれれば相応の利益が齎されますが、逆に動いた場合は相当な赤字を被ることになるのです。
デイトレードと言いますのは、完全に24時間ポジションを保有するというトレードのことではなく、本当のところはニューヨーク市場が手仕舞いされる前に決済をしてしまうというトレードのことを指しています。
FX口座開設の申し込み手続きを済ませ、審査に通ったら「ログインIDとパスワード」が郵便を使って送り届けられるというのが通常の流れだと言えますが、ごく一部のFX会社はTELを利用して「リスク確認」を行なうとのことです。

FXに取り組む場合の個人に認められているレバレッジ倍率は、昔は最高が50倍だったことを考えますと、「今時の最高25倍は低く見えてしまう」と言われる人に会うのも理解できなくはないですが、25倍だと言いましても想像以上の収益にはなります。
システムトレードというものは、そのプログラムとそれを安定的に機能させるPCがあまりにも高級品だった為、かつては一定の裕福な投資家のみが行なっていました。
FX関連事項をリサーチしていきますと、MT4という単語に出くわすことが多いです。MT4と言いますのは、使用料なしで使用可能なFXソフトの名前で、利用価値の高いチャートや自動売買機能が搭載されている売買ツールのことなのです。
MT4と呼ばれているものは、ロシアの企業が発表したFXの売買ソフトです。タダで利用でき、おまけに超高性能ということから、このところFXトレーダーからの評価も上がっています。
FX会社の口座に入る収益はスプレッドが齎すことになるのですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円をトレードする場合、FX会社はお客様に対して、その海外通貨を購入する時と売却する時の為替レートを適用することになります。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.