海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

ECN口座とSTP口座

ECN口座|スイングトレードに取り組む際の注意点として…。

投稿日:

海外FXで億トレーダー

デイトレードを行なうと言っても、「いかなる時もエントリーを繰り返し利益を生み出そう」とはしない方が利口です。無謀なトレードをして、思いとは裏腹に資金をなくすことになるようでは何のために頑張ってきたのかわかりません。
デイトレードにつきましては、通貨ペアの選択も大切なのです。現実問題として、値動きの激しい通貨ペアをチョイスしないと、デイトレードで儲けることは難しいと言わざるを得ません。
スワップとは、取引の対象となる二種類の通貨の金利の開きから手にすることができる利益のことを指します。金額的には少々というレベルですが、日に1回付与されるようになっているので、魅力のある利益だと感じています。
スキャルピングに関しては、瞬間的な値動きを利用するものなので、値動きが明確になっていることと、「売り・買い」の回数が相当な数になるはずですから、取引に掛かるコストが小さい通貨ペアを取り扱うことが大事になってきます。
海外FXに関して検索していきますと、MT4という文字をいたるところで目にします。MT4と言いますのは、使用料なしで使える海外FXソフトで、いろいろ利用できるチャートや自動売買機能が搭載されている売買ツールのことを指すのです。

金利が高めの通貨だけを買って、その後保有し続けることでスワップポイントが齎されるので、このスワップポイントをゲットする為だけに海外FXをやる人も多々あるそうです。
海外FX会社毎に特徴があり、他より優れた所もあれば劣っている所もあるのが普通なので、新参者状態の人は、「どの様な海外FX業者で海外FXECN口座開設するのが一番なのか?」などと戸惑うと思われます。
MT4が重宝するという理由のひとつが、チャート画面より容易に注文を入れることが可能だということです。チャートを眺めている時に、そのチャートを右クリックしたら、注文画面が立ち上がります。
それぞれの海外FX会社が仮想通貨で売買するトレード訓練(デモトレード)環境を用意してくれています。一銭もお金を費やすことなくデモトレード(トレード訓練)ができるわけですから、前向きにやってみるといいでしょう。
利益を確保するためには、為替レートが注文した時点のレートよりも良い方向に変動するまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。

スプレッド(≒手数料)については、株式などの金融商品と海外FXの比較してみましても、驚くほど低額です。実際のところ、株式投資だと100万円以上の「売り・買い」をすると、1000円程は売買手数料を取られます。
海外FX関連用語であるポジションと申しますのは、所定の証拠金を投入して、豪ドル/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを意味するわけです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。
スイングトレードで儲ける為には、それなりの売買の仕方があるのですが、当然スイングトレードの基本を押さえていることが必須です。とにかくスイングトレードの基本をマスターしましょう。
スイングトレードに取り組む際の注意点として、PCの取引画面を開いていない時などに、急遽大暴落などが起きた場合に対応できるように、スタートする前に何らかの策を講じておかないと、本当に後悔することになるかもしれません。
5000米ドルを購入して持っている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然のことドル高へと進展した時には、直ぐに売って利益を確保します。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2019 All Rights Reserved.