海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

ECN口座とSTP口座

ECN口座|収益を得る為には…。

投稿日:

海外FX紹介サイトピックアップ

スプレッドとは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社の売り上げになる売買手数料に近いものですが、各社ごとに独自にスプレッド幅を定めています。
レバレッジと申しますのは、入れた証拠金を証に、最大でその額面の25倍の「売り買い」ができるという仕組みを言っています。一例をあげると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるとすると、1000万円のトレードが可能だというわけです。
スキャルピングという方法は、意外と想定しやすい中・長期の世の中の変化などは看過し、勝つ確率5割の勝負を瞬時に、かついつまでも継続するというようなものです。
スイングトレードを行なうつもりならば、どれ程短い期間だとしても数日間、長期という場合には数ヶ月という投資法になりますので、いつも報道されるニュースなどを基に、近い将来の世の中の動きを推測し投資することが可能です。
FX口座開設を終えておけば、本当にFX売買をすることがなくてもチャートなどを確認できますから、「何はさておきFXの勉強をしたい」などと思っていらっしゃる方も、開設された方が良いでしょう。

チャート検証する時に外すことができないとされているのが、テクニカル分析なのです。このページ内で、様々ある分析のやり方をそれぞれ明快に説明いたしております。
「デモトレードをやっても、実際にお金がかかっていないので、メンタル的な経験を積むには無理がある!」、「本物のお金で売買してみて、初めて経験が積めることになるのだ!」とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。
FX未経験者だとしたら、無理であろうと思えるテクニカル分析ですが、チャートの重要ポイントとなるパターンさえ自分のものにしてしまえば、値動きの類推が圧倒的に容易くなると保証します。
為替の動きを推測する時に役に立つのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要になってくるのは「チャートの流れを読み取って、それから先の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方になります。
申し込み自体はFX業者の専用ホームページのFX口座開設ページを通して15分くらいで完了できます。申し込みフォーム入力後、必要書類を郵送とかFAXなどで送付し審査をしてもらうことになります。

日本と比べて、海外の銀行の金利が高いということが理由で、スワップ金利が付与されます。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXを行なう時に手にできるスワップ金利になります。
デモトレードを始める時点では、FXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という金額の仮想通貨として準備してもらえます。
FX取引を進める中で耳にするスワップと言われるものは、外貨預金でも与えられる「金利」みたいなものです。とは言いましても180度異なる点があり、この「金利」というのは「受け取るばかりじゃなく支払うことだってあり得る」のです。
収益を得る為には、為替レートが注文を入れた時のものよりも有利な方に変動するまで待つ必要があります。この状態を「ポジションを保有する」と表現するわけです。
スワップポイントと言いますのは、ポジションを保持した日数分与えられます。日々決められた時間にポジションを有したままだと、その時点でスワップポイントが貰えるようになっています。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2018 All Rights Reserved.