海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

海外FXのECN口座とSTP口座

XMtrading

 

ECN口座とSTP口座

ECN口座|システムトレードの一番の長所は…。

投稿日:

海外FXで億トレーダー

システムトレードと言いますのは、株式やFXの取り引きにおける自動売買取引のことで、売買開始前にルールを決定しておき、それの通りに機械的に売買を継続するという取引です。
FX関連事項をリサーチしていきますと、MT4という単語を目にすると思います。MT4と言いますのは、タダで使えるFXソフトで、優れたチャートや自動売買機能が搭載されているトレードツールです。
システムトレードの一番の長所は、邪魔になる感情の入り込む余地がない点だと言って間違いないでしょう。裁量トレードをする場合は、必ず自分の感情がトレードを行なう際に入ってしまうでしょう。
申し込みそのものはFX業者の公式ホームページのFXECN方式口座開設ページ経由で15~20分ほどの時間でできるようになっています。申し込みフォームに入力後に、必要書類を郵送などで送付し審査をしてもらうという手順です。
トレードをする1日の内で、為替が大きく変動する機会を見定めて取引するのがデイトレードになります。スワップ収入が目的ではなく、1日毎にトレード回数を重ねて、確実に収益をあげるというトレード法だと言えます。

スワップポイントについては、「金利の差額」であると考えていただければと思いますが、本当に獲得できるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料を控除した額だと思ってください。
「デモトレードにトライしてみて利益をあげることができた」としましても、実際上のリアルトレードで利益を得られる保証はないと考えるべきです。デモトレードを行なう場合は、どう頑張っても遊び感覚になることが否めません。
FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買うと、金利差に見合うスワップポイントを獲得できますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う際は、全く反対でスワップポイントを払う羽目になります。
システムトレードにおいては、自動売買プログラムの設定によりテクニカルポイントが生じた時に、システムが着実に売買をしてくれるのです。そうは言っても、自動売買プログラムに関しては人が選択することが必要です。
MT4と呼ばれるものは、プレステだったりファミコンなどの機器と同じで、本体にソフトを差し込むことで、初めてFX取引が可能になるというわけです。

FXにおけるポジションというのは、ある程度の証拠金をECN方式口座に入れて、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを指しています。因みに、外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。
5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ながらドル高に振れた時には、売却して利益をゲットしてください。
デイトレードの良いところと言いますと、一日の間に絶対に全ポジションを決済してしまいますから、不安を抱えて眠る必要がないということではないでしょうか?
スキャルピングは、本当に短時間の値動きを捉えるものなので、値動きが一定レベル以上あることと、取引回数がかなりの数になりますので、取引を展開する際の必要経費が少ない通貨ペアをターゲットにすることが大事になってきます。
FX会社の多くが仮想通貨で売買体験をする仮想売買(デモトレード)環境を提供してくれています。全くお金を投入しないでトレード体験(デモトレード)が可能なわけですから、ファーストステップとしてトライしてみてください。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2018 All Rights Reserved.