海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

ブレード口座とZERO口座」|証拠金を納めて某通貨を購入し…。

投稿日:

海外FX 人気優良業者ランキング

証拠金を納めて某通貨を購入し、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。一方、維持している通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言います。
レバレッジというのは、納入した証拠金を元手に、最高でその25倍の「売り・買い」ができるというシステムを意味します。例を挙げると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるとすると、1000万円相当の「売り・買い」が可能なわけです。
スワップポイントに関しましては、ポジションをキープし続けた日数分受け取ることが可能です。日々ある時間にポジションを保持した状態だと、その時間にスワップポイントが貰えるわけです。
デモトレードを始める時点では、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想口座)に、必要な金額分仮想通貨として入金されることになります。
チャートの値動きを分析して、売買時期の判定をすることをテクニカル分析と称しますが、この分析さえできるようになれば、買う時期と売る時期の間違いも激減するでしょう。

「デモトレードをいくらやろうとも、現実的な被害はないので、メンタル的な経験を積むことは無理だ!」、「自分のお金でトレードをしてみてこそ、初めて経験を積むことができるのだ!」と言う方も稀ではないのです。
スプレッド(≒手数料)に関しては、それ以外の金融商品と比べると、超低コストです。実際のところ、株式投資などは100万円以上のトレードをすれば、1000円位は売買手数料を払うことになります。
スプレッドと呼ばれるのは、取引を行なう際の「買値と売値の差額」のことです。このスプレッドこそがFX会社に支払うことになる手数料であり、各FX会社でその設定数値が異なっているのです。
全く同じ1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍でしたら1万円の損益になりますが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。結局のところ「レバレッジを欲張れば欲張るほど被害を受ける確率も高くなってしまう」ということです。
儲けを出す為には、為替レートが新たに注文した際のものよりも有利な方向に変化するまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。

システムトレードにおいては、自動売買プログラムによりテクニカルポイントが生じた時に、システムが自動で「売り・買い」をしてくれます。しかしながら、自動売買プログラムにつきましては使用者が選ばなくてはなりません。
売買経験のない全くの素人だとすれば、結構難しいと言えるテクニカル分析ではありますが、チャートの主要なパターンさえ頭に叩き込んでしまえば、値動きの予想が断然しやすくなるはずです。
スキャルピングと呼ばれるのは、一度の売買で数銭から数十銭くらいというほんの少ししかない利幅を得ることを目的に、毎日繰り返し取引をして薄利を積み増す、恐ろしく短期のトレード手法なのです。
それほど多くない証拠金の拠出で高額なトレードが許されるレバレッジではありますが、目論んでいる通りに値が動きを見せれば然るべき儲けを手にすることができますが、その通りにならなかった場合は大きな被害を被ることになります。
スイングトレードで儲けを出すためには、そのようになるべく取り引きの行ない方があるのですが、それに関しましてもスイングトレードの基本を分かったうえでの話です。何よりも先にスイングトレードの基本を学ぶ必要があります。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2020 All Rights Reserved.