海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMのECN口座はZERO|スワップというのは…。

投稿日:

FX 人気ランキング

トレードに取り組む1日の中で、為替が急変するチャンスを逃すことなく取引するというのがデイトレードなのです。スワップ収入を目標にするのではなく、その日の中でトレード回数を重ねて、堅実に収益を確保するというトレード法です。
スワップポイントは、「金利の差額」であると考えて間違いありませんが、ほんとに付与されるスワップポイントは、FX会社の収益とも言える手数料を差っ引いた金額となります。
「売り買い」する時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社は勿論銀行でも違う呼び名で導入しているのです。しかも驚くかと思いますが、その手数料たるやFX会社の約200倍というところがかなり目に付きます。
トレードにつきましては、すべて機械的に実施されるシステムトレードではありますが、システムの改善は時折行なうことが大事で、その為には相場観を身に付けることが絶対必要です。
5000米ドルを買って保有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当たり前ですがドル高に進展したら、売却して利益を手にします。

FX固有のポジションと申しますのは、保証金とも言える証拠金を入金して、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売買することを言うわけです。ついでに言いますと、外貨預金には「ポジション」という考え方は存在しません。
デイトレードのウリと言うと、翌日まで持ち越すことはせずに必須条件として全てのポジションを決済するわけですから、その日の内に成果がつかめるということだと考えます。
スイングトレードのアピールポイントは、「常時PCの売買画面から離れずに、為替レートを確かめなくて良い」という部分であり、忙しい人に相応しいトレード手法ではないでしょうか?
システムトレードに関しても、新規にトレードする際に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額未満の場合は、新規に売り買いすることは不可能とされています。
ビックリしますが、同じ1円の変動でありましても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益になるというわけですが、10倍なら10万円の損益になるというわけです。簡単に言うと「レバレッジが高くなるにつれリスクも大きくなってしまう」というわけなのです。

「デモトレードに取り組んで利益をあげることができた」と言っても、実際的なリアルトレードで利益を生み出せるかは別問題です。デモトレードに関しては、どうしたって娯楽感覚で行なう人が大多数です。
FX取引においては、「てこ」がそうであるように負担にならない程度の証拠金で、その額の何倍という取り引きができるという規定があり、証拠金と現実の取り引き金額の割合を「レバレッジ」と言っています。
MT4と呼ばれているものは、ロシアの会社が企画・製造したFX取引き用ソフトになります。料金なしで使用することができ、その上多機能搭載ということもあり、昨今FXトレーダーからの人気も上がっているとのことです。
スワップというのは、FX取引を行なっていく中での2つの通貨の金利の開きにより手にできる利益のことを指します。金額としましてはそれほど大きなものではないですが、日に一度付与されますから、思っている以上に魅力的な利益だと言えるのではないでしょうか?
実際は、本番のトレード環境とデモトレードの環境を比べてみますと、前者の方が「トレードそれぞれで1pips位収入が減る」と考えていた方が賢明かと思います。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2021 All Rights Reserved.