海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMのECN口座はZERO|5000米ドルを購入して所有したままになっている状態のことを…。

投稿日:

海外FX人気口座 比較ランキング

デイトレードを行なう際には、どの通貨ペアでトレードするかも非常に重要な課題です。正直言って、値幅の大きい通貨ペアで売買をしませんと、デイトレードで儲けを出すことは不可能だと思ってください。
昨今のシステムトレードをサーチしてみると、ベテランプレーヤーが考案・作成した、「間違いなく利益をあげている売買ロジック」を土台として自動的に売買されるようになっているものがたくさんあることが分かります。
システムトレードと称されるものは、自動売買プログラムによる自動売買取引のことであり、取り引き前にルールを作っておいて、それに準拠して機械的に「買いと売り」を継続するという取引になります。
その日の中で、為替が大幅に変動する機会を逃さずに取引するのがデイトレードです。スワップ収入を目的とするのではなく、その日の中でトレード回数を重ねて、上手に儲けを積み重ねるというトレード方法です。
日本と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあるために、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをすることで付与されることになるスワップ金利です。

デモトレードに取り組む最初の段階では、FXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、希望金額分仮想通貨として用意されることになります。
スワップポイントにつきましては、「金利の差額」だと言えますが、リアルに得ることができるスワップポイントは、FX会社の利益となる手数料をマイナスした金額になります。
MT4をパソコンにセッティングして、ネットに繋げた状態で休みなく稼働させておけば、遊びに行っている間もお任せでFXトレードを行なってくれます。
デモトレードを実施するのは、ほとんどFXビギナーの人だと想定されがちですが、FXの熟練者も積極的にデモトレードを有効活用することがあると言います。例えば新たに考えたトレード法のテストをする際などです。
スプレッド(≒手数料)については、それ以外の金融商品と比べても、かなり破格だと言えるのです。明言しますが、株式投資なんかだと100万円以上のトレードをしたら、1000円前後は売買手数料を支払うのが一般的です。

「デモトレードを何度やろうとも、現実に損をすることがないので、心理面での経験を積むことは無理だ!」、「ご自分のお金を費やしてこそ、初めて経験が積めることになるわけだ!」と指摘する人もたくさんいます。
スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、売買する画面に目をやっていない時などに、一気にとんでもない暴落などが起こった場合に対応できるように、スタートする前に対策を講じておきませんと、大損失を被ります。
MT4というものは、プレステとかファミコンのような器具と同じようなもので、本体にソフトを差し込むことによって、ようやくFX売買をスタートすることが可能になるのです。
5000米ドルを購入して所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当然のことですがドル高に為替が変動した場合には、売って利益を得るべきです。
FX会社毎に仮想通貨を使用してのトレード体験(デモトレード)環境を整えています。本物のお金を投入することなくデモトレード(仮想トレード)が可能となっているので、ファーストステップとして試してみてほしいと思います。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2020 All Rights Reserved.