海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMのECN口座はZERO|スキャルピングと言われているのは…。

投稿日:

FX 人気ランキング

システムトレードと言われているものは、自動売買プログラム通りに実行される自動売買取引のことで、売買を始める前に規則を決めておいて、それに応じて機械的に「買いと売り」を継続するという取引です。
相場の傾向も理解できていない状態での短期取引となれば、リスクが大き過ぎます。とにもかくにも長年の経験と知識が要されますから、ビギナーにはスキャルピングは無理だと思います。
スイングトレードをする場合に気を付けてほしいのですが、取引する画面を起動していない時などに、急に恐ろしいような変動などが起こった場合に対応できるように、事前に対策を打っておきませんと、後悔してもし切れないことになるやもしれません。
スキャルピングというのは、本当に短時間の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがそれなりにあることと、「買い・売り」の回数がかなりの数になりますので、取引に掛かる経費が少ない通貨ペアをピックアップすることが必要不可欠です。
FX特有のポジションとは、必要最低限の証拠金を口座に入れて、円/米ドルなどの通貨ペアを買ったり売ったりすることを意味しています。なお外貨預金には「ポジション」という概念は存在していません。

FX取引で出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも貰える「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。とは言うものの大きく異なる点があり、この「金利」というのは「貰うこともあれば取られることもある」のです。
スキャルピングと言われているのは、1売買あたり数銭から数十銭ほどの非常に小さな利幅を追い掛け、一日に数え切れないくらいの取引を敢行して薄利をストックし続ける、一つの売買手法というわけです。
ビックリしますが、同じ1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益なのですが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。簡単に言うならば「レバレッジで高リターンを狙えば狙うほどリスクも高くなってしまう」ということです。
システムトレードというものについては、そのプログラムとそれを手堅く稼働させるPCが高額だったため、昔はある程度金に余裕のある投資家のみが実践していました。
5000米ドルを買ってそのままにしている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当たり前ですがドル高に進んだら、直ぐ売却して利益を確保しなければなりません。

デイトレードとは、スキャルピングの売買のタイミングを幾分長くしたもので、総じて2~3時間程度から24時間以内に手仕舞いをしてしまうトレードだとされます。
為替の上昇または下降の傾向が顕著な時間帯を見極め、そこで順張りをするというのがトレードを行なう上での基本的な考え方です。デイトレードは当然として、「熱くならない」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どういったトレード法でやるにしてもとても大事なことです。
デモトレードをこれから始めるという段階では、FXに欠かすことができない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、ご希望の金額分仮想通貨として入金されます。
スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間でわずかな収益を確保していく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を鑑みて取り組むというものなのです。
デイトレードについては、通貨ペアの選択も大切になります。基本事項として、変動の大きい通貨ペアを取り扱わないと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは無理だと考えるべきです。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2020 All Rights Reserved.