海外FXのECN口座とSTP口座

海外FXの基礎知識!ECN取引とSTP取引!

XMtrading

ECN口座とSTP口座

XMのECN口座はZERO|収益を得るには…。

投稿日:

海外FX業者ボーナス情報

スプレッド(≒手数料)に関しては、株式といった金融商品と比較しても破格の安さです。現実的なことを言いますが、株式投資ですと100万円以上の取り引きをしますと、1000円程度は売買手数料を払うのが普通です。
FXを行なう時は、「外貨を売る」ということから取引を始動することも可能ですが、このように外貨を有することなく「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけです。
証拠金を投入していずれかの国の通貨を購入し、そのまま保有している状態のことを「ポジションを持つ」と言います。反対に、維持し続けている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言います。
金利が高く設定されている通貨に投資して、そのまま持ち続けることでスワップポイントがゲットできるので、このスワップポイントという利益だけを狙ってFXをする人もかなり見られます。
トレードの1つのやり方として、「為替が上下いずれか一方向に変動する一定の時間内に、薄利でもいいから利益を絶対に掴みとろう」というのがスキャルピングなのです。

収益を得るには、為替レートが注文した時点のものよりも有利な方に変動するまで待つ他ありません。この状態を「ポジションを保有する」と言い表わします。
5000米ドルを購入して所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然ながらドル高になった場合、直ぐ売却して利益を確定させた方が賢明です。
私の知人はほとんどデイトレードで売買をやっていましたが、ここ1年くらい前からは、より大きな利益が望めるスイングトレード手法を利用して売買を行なうようにしています。
スキャルピングに関しては、短い時間の値動きを繰り返し利用する取引ですので、値動きがそこそこあることと、「売り・買い」の回数が結構な数になりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアをセレクトすることが重要だと言えます。
FX会社を比較したいなら、確かめなければならないのは、取引条件です。一社一社「スワップ金利」などの条件が異なっていますので、個々人のトレードに対する考え方にピッタリ合うFX会社を、細部に至るまで比較の上選択しましょう。

スキャルピングというやり方は、どちらかと言えば推測しやすい中長期の世の中の変動などはスルーし、確率50%の戦いを直感的に、かつ際限なく継続するというようなものだと考えます。
スイングトレードを行なうと言うのなら、短くても数日から数週間、長い場合などは数ヶ月といった戦略になる為、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を予測し投資することができるというわけです。
ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるわけですが、このポジションと言いますのは、買いまたは売りの取り引きをした後、決済しないでその状態を継続している注文のことなのです。
テクニカル分析におきましては、基本的にはローソク足を時系列的に描写したチャートを用います。見た感じ複雑そうですが、頑張って読み取ることが可能になると、本当に使えます。
大概のFX会社が仮想通貨を使用したトレード体験(デモトレード)環境を提供しています。ほんとのお金を投資せずにデモトレード(トレード体験)ができるので、前向きに体験してみるといいでしょう。

-ECN口座とSTP口座

Copyright© 海外FXのECN口座とSTP口座 , 2020 All Rights Reserved.